もくもくとちくちく

 

 

 

久しぶりの更新です。

先日、伯父とお別れをしてきました。

 

父より12才年上で三人兄弟の長男でした。

祖母、祖父、三男(父)、次男と亡くなり

一昨年奥さん、長い介護の末看取った伯父。

その直後、体調不良のため検査をすると末期の胃癌でした。

この年で身体を切るのは嫌だ。

家族と過ごしたいという思いから自宅介護でした。

昨年末、もしかしたら年内かも…と聞いていたので覚悟はしていたし

亡くなった連絡を受けた時にも

セレモニー会館でも

「ずっと辛かったから楽になってよかったね」と思っていたのですが

告別式が終わりに近づくにつれ

子どもの頃に大切にしてくれていたことが次々と巡り

伯父が私を呼ぶ声が聞こえてきました。

 

もう会えないのだなぁ…と。

そして、父の兄弟がいなくなってしまったことは

本当に父とのお別れなんだと感じました。

 

父は、休日に仕事がある人でしたから

隣に住む伯父がお稚児さんに連れて行ってくれたり…

何かと面倒をみてくれました。

 

自分の中で伯父の存在がこんなに大きかったということに

自分自身が驚いた次第です。

 

伯父は手先が器用な人でした。

いとこの壊れた玩具は「まず直す」が常だったようです。

カラオケ、一刀彫、折り紙、刺繍…

寡黙な人でしたが存在感のある人でした。

 

 

ちょうど羊毛動物の制作の方も

芯材の種類を変えたところで

いろいろ新しい方法を試す期間でもあったので

ここ数日、もくもくとくちくしていました。

普段よりもオーバーペース気味に…。

 

そして、思ったこと。

色々と分かってもらいたくて詳しく説明しようと、

言葉を書き連ねることも大切だけれど…

時には書くことから離れて何かに没頭する時間を持つことの大切さ。

 

インプットも大切だし

アウトプットも大切。

 

そして、そのバランスは人それぞれ。

自分の事をまず自分が知らなくては。

一番近い自分。

近いのに、見えていない自分のこと。

 

それには…

無駄なように見えるかもしれない時間を過ごす事が

大切なのかもしれません。

そして、それは決して無駄な時間じゃないんだ…よね。

 

ちくちくした子達が作業机の上に溢れています(笑)

お昼過ぎからは、近所の方の告別式に…。

伯父と同じセレモニーホールなので

ちょっと辛いですが いってきます。

 

そして、それまでの時間は

いつものように

 もくもくとちくちく…

 

 

 

長文にお付き合いくださり ありがとうございました。

 

big_blue_sea

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    たなか (木曜日, 20 2月 2014 13:40)

    新聞のお悔み欄で拝見して御親戚かなと思いました。
    お悔み申し上げます。
    元気出してね。

  • #2

    big_blue_sea (木曜日, 20 2月 2014 21:32)

    たなかさんへ
    ありがとう。
    うんうん、元気にならなくちゃね。
    たなかさんこそその後、体調はどうですか?
    また美味しいもの食べに行こうね~!

<a href="http://www.blogmura.com/"><img src="http://www.blogmura.com/img/originalimg/0000141052.jpg"  width="102" height="152" border="0" alt="ブログランキング・にほんブログ村へ" /></a><br /><a href="http://www.blogmu